三ヶ尻亮子の日記


日々の日常と思いを書きとめます。nekonohi2000@yahoo.co.jp
by mikaryo
カテゴリ
全体
グルメ

エコ
歴史
平和

原発
選挙
自然
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
演説会
at 2015-12-31 00:26
12月ー徳島の活動
at 2015-12-24 18:35
12月の活動ー幡多路へ
at 2015-12-21 23:49
12月の行動
at 2015-12-07 21:46
土佐市新婦人フェスタ
at 2015-11-30 20:22
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:山( 3 )


稲叢山登山

ゴールデンウイークに入り、1年ぶりに登山をしました。

今回の登山は、稲叢山。はじめて登る山です。

稲叢山は、平家の落人伝説のある山です。四国各地に落人伝説がありますが、秘境といわれる所に逃れてきた伝説が残っています。

この時期は、あけぼのつつじの時期で、たくさん咲いていました。

d0172672_22434554.jpg

通常のつつじより、木が高く、葉っぱもでていないので桜の花のようです。

d0172672_23025483.jpg

花びらは丸みがあってかわいらしいです。

トンネルからのルートは、あまりきつさを感じることなく頂上に着きます。今回は6人のパーティーでした。夫婦で頂上でパチリ。

d0172672_22562118.jpg
下りは落人伝説のある、秘境ルートに行きました。平家の落人たちが潜んでいたという洞窟があります。

d0172672_22554048.jpg
沢沿いに下っていきます。数十人の落人たちが身を潜めたそうですが、食べるものがなく、悲惨な最期を遂げたという伝説が残っています。

d0172672_22540771.jpg
稲叢ダムから見える稲叢山です。あけぼのつつじが咲いているのが見えます。天気も良く、青空につつじがよく映えていました。鳥のさえずりも聞こえ、楽園のようでした。

[PR]

by mikaryo | 2014-05-05 00:10 |

平家平

連休中に、久しぶりに山登りをしました。

d0172672_1135583.jpg


吉野川水系と仁淀川水系の境目となっている、平家平に登りました。今回のパーティーは4人。

昨年、「四国の1000m峰」という本が出版され、四国の山々が紹介されています。
本をつくったのは、徳島県在住の、早田健治さん。

早田さんは、長崎県生まれで、福岡県で育ち、高知大学にきて、その後、徳島県庁に就職し、四国の山々をめぐっているそうです。「四国の1000m峰」は、2800円で販売しています。平凡堂書店でも販売中です。

四国は、四国山脈が四国の中央部にあり、1000mを超える山が、294峰あります。
そのなかで、一番高い山は、石鎚山の1982m。2番目は、剣山の1954m。
いずれも有名な山ですが、まだ登っていません。

d0172672_1204256.jpg


山頂に向かって登っていきますが、雲行きがあやしくなってきました。

d0172672_121324.jpg


山頂では、雨がぱらつき、お弁当を食べて、早々に退去。冠山まで行くのはあきらめました。

d0172672_1224477.jpg


途中、水がしみでてきているところ。この水が、吉野川の流れとなるのでしょうか。

、「四国の1000m峰」は、フルカラーで、四国のそれぞれの山が紹介されています。
平家平は、四国の山でも珍しく、広い山頂がある山だということです。

山頂から、電波を飛ばして通信をしている男性がいました。平家平がある大川村は、日本一小さな村らしく、(島部を除いてですが)小さい村から発信する、という面白さがあるそうです。電波を飛ばすための荷物は40キロだそうで、重い荷物を背負って、下山していきました。

早田さんによると、山登りの面白さは、「自ら登る」ことにある、ということです。
自分の意思で登る、山登り。最近は、杖(ストック)を頼るようになりました。

下山して仁淀川を見ると、鯉が泳いでいました。

d0172672_132334.jpg

[PR]

by mikaryo | 2013-05-16 01:33 |

寒風山へ

山ガールが増えている。という情報を聞きつけ、さっそく確かめに行かねば、とお山へ。

労山の役員をされている山のプロフェッショナルのお伴で、寒風山へ。

d0172672_22273448.jpg


山のプロフェッショナルは、きつくない山と言っていましたが、登り始めると、ずっと上りで、息をきらしながら、ひたすら登る。

途中、りんどうなどを見つけ、パチリ。

d0172672_22311398.jpg


d0172672_22312982.jpg


d0172672_22382952.jpg


一歩ずつ杖を片手に登っていき、頂上が見えるところまできました。

d0172672_22314161.jpg


途中、家族連れや、グループ、山ガールを発見しながら、頂上にたどり着き、お弁当を食べ、無事に下山できました。

山ガールのファッションは、重ね着がポイントらしいです。

労山は、最近、個人会員を受け入れるようになって、会員さんが増えているそうです。若い会員さんも増えているようです。若者のなかに山好きな人が増えているということは、うれしいことですね。
[PR]

by mikaryo | 2012-10-04 22:38 |