三ヶ尻亮子の日記


日々の日常と思いを書きとめます。nekonohi2000@yahoo.co.jp
by mikaryo
カテゴリ
全体
グルメ

エコ
歴史
平和

原発
選挙
自然
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
演説会
at 2015-12-31 00:26
12月ー徳島の活動
at 2015-12-24 18:35
12月の活動ー幡多路へ
at 2015-12-21 23:49
12月の行動
at 2015-12-07 21:46
土佐市新婦人フェスタ
at 2015-11-30 20:22
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:エコ( 4 )


仁淀川清掃

水質日本一の仁淀川でいっせい清掃があり、参加しました。

7月は環境美化月間らしく、6日の日曜日は県内の何か所かで清掃がおこなわれています。家から一番近い仁淀川の清掃に参加してみました。

仁淀川の清掃は朝7時集合です。朝早くから市民の方がたくさん参加していました。50人くらいかな?スタッフの方から、ごみ袋と手袋、タオルなどが配られます。

くもり空のなか、7時から清掃が始まりました。
d0172672_00001942.jpg
あまりゴミはありませんが、よく見るとゴミが見つかり、拾っていきます。

d0172672_00021208.jpg
村上信夫土佐市市議(夫)。草むらのなかにも分け入ってごみをたくさん拾いました。

清掃活動は40分ほどで終了。普段から、ごみをみつけたら拾うようにしましょう。

d0172672_00013537.jpg
集まったごみ。たくさんで清掃すると、たくさん集まります。

d0172672_00020492.jpg
記念にパチリ。雨が降らずによかったです。

[PR]

by mikaryo | 2014-07-07 00:16 | エコ

生ごみコンポスト

自宅のベランダに自家製生ごみコンポストを設置して3年半になります。

現在2個の生ごみコンポストを使っています。
d0172672_054507.jpg
生ごみとともに、ぬかを入れると発酵がすすみ、かき混ぜるとほかほかと湯気がでます。寒い夜中にかき混ぜると、湯気がでてくるのがよく見えます。

今の時期は土佐文旦をよく食べます。皮がたくさん出るので、皮を刻んで入れています。皮も大量になるので、そのままごみとして捨てるときもあります。

虫が発生したこともあり、しばらくコンポストから遠ざかっていたときもありましたが、夫が食後の後片付けのあと、せっせと生ごみを刻んでコンポストに投入していました。

時々コンポストをかき混ぜて様子をみていますが、湯気が出て発酵が進んでいるのを見ると、がんばっているな~と嬉しくなります。温度が上がると虫の発生が抑えられるようです。かき混ぜても虫の姿はありません。

ごみがあふれそうになったら、コンポストに入れずにごみとして出すこともあります。無理をしないように気軽に使うのも長続きするコツかもしれません。

=自家製生ごみコンポストのつくりかた=

材料はホームセンターで購入できるものです。

コンポストの入れ物は木製の植木鉢か、木の箱を使っています。今使っているのは、高知県産木材でつくった木の箱です。以前は木製の植木鉢を使っていましたが、高知では見つけることができなかったので、ホームセンターに売っていた木の箱を購入しました。

箱の一番下に、玉じゃりを入れて、その上に赤玉土、ピートモス、腐葉土を混ぜ合わせて完成。あとは、生ごみを投入していきます。生ごみと一緒にぬかを入れると発酵が進み、ごみが分解されていくようです。



[PR]

by mikaryo | 2014-03-25 00:42 | エコ

手作りクリーム

12月に入り、あわただしくなってきました。
冬になると、乾燥して、肌がカサカサになってきます。

週刊で発行している高知民報に、「エコライフのすすめ」という記事を不定期にのせてもらっていて、前回、エコなスキンケアの方法を紹介した記事をのせました。

その中で、以前は自分で肌にぬるクリームを作っていましたが、分離する失敗を繰り返したため、クリーム作りをやめて、原料のオイルを直接肌につけている、ということを書きました。

すると、アロマテラピストのT岡さんから、自分のクリーム作りは失敗したことがない、とのことをお聞きして、T岡さんのクリーム作りを見学がてら、一緒に作らせてもらいました。

T岡さんはアロマポットを使って、クリームを作っています。

下の部分にろうそくをおいて、火をつけます。

d0172672_182025.jpg


上のポットにオイルを計っていれます。同時に水とみつろうも入れて温めます。

私が作っていたレシピより、オイルたっぷりで水が少なめです。

d0172672_1104534.jpg


d0172672_111314.jpg


ポットがあたたまって、みつろうが溶けたら、クリーム入れ容器に移して、はしや竹串でぐるぐるかき混ぜます。混ぜていくと少しずつ固まってクリーム状になって、いきます。好きなエッセンシャルオイルを垂らして、完成!

と、とっても簡単でした。乾燥の季節、お風呂あがりに毎日使っています。
[PR]

by mikaryo | 2013-12-11 01:18 | エコ

倉敷へ

全国学習交流集会イン倉敷へ日帰りバスツアーで参加しました。

今日はメイン企画の尾崎恵子さんのお話をおもに聞きました。

d0172672_2315828.jpg


尾崎さんは、航空会社のスチュワーデスさん。高校を卒業して、スチュワーデスになりました。スチュワーデスとして働くなかで、労働組合に入り、組合活動をするなかで経験したことなどを語ってくれました。

最初は、組合に入っている自覚もなく、組合役員になり、学び、いろんなことに取り組んできたそうです。航空関係は、産業別の組合を組織しているそうで、結婚退職制度をなくし、子どもを産んでも働き続けられるようにしてきたこともかちとってきたそうです。しかし、今、資本からの攻撃が強まり、組合がかちとってきたものが、奪われようとしてきていること、不当退職にたたかっている仲間がいることも話されました。

「私たちはムカデのようなもので、バラバラなようで、つながっている。力があわさったときに、大きく前にすすむことができる」と言われたことが、印象的でした。あきらめずに、学習をしながら、つながっていくことが大事だな、と思いました。

講演のあとは、自由行動。三井アウトレットモールコースか、倉敷の街並み散策コースのどちらかです。
私はもちろん、街並み散策コース。ですが、ほとんどの参加者は、アウトレットモールのお買いものコースへ。
アウトレットモールって人気なんですね~。

d0172672_2327383.jpg


d0172672_23281133.jpg


倉敷の街並み。

お店をのぞきながら、ブラブラとしました。

d0172672_2329333.jpg


倉敷帆布が有名みたいです。

d0172672_23312153.jpg


民芸の食器が売られているお店。おばあさんが店番をしています。お孫さんが高知大学に行き、今は新潟にいるそうです。倉敷は、民芸発祥の地らしいです。空襲にあわなかったので、古い街並みが残っているそうです。全国からお客さんが来る、すてきな街並みです。

d0172672_23343698.jpg


エコな街でもあるようです。
[PR]

by mikaryo | 2012-10-06 23:37 | エコ