三ヶ尻亮子の日記


日々の日常と思いを書きとめます。nekonohi2000@yahoo.co.jp
by mikaryo
カテゴリ
全体
グルメ

エコ
歴史
平和

原発
選挙
自然
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
演説会
at 2015-12-31 00:26
12月ー徳島の活動
at 2015-12-24 18:35
12月の活動ー幡多路へ
at 2015-12-21 23:49
12月の行動
at 2015-12-07 21:46
土佐市新婦人フェスタ
at 2015-11-30 20:22
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:旅( 3 )


徳島へ

夫の実家ががある徳島に、連休最終日にかけて帰省しました。徳島の実家には、義母が一人で暮らしています。もともとは農家なので、畑があり、野菜やお米をつくっています。帰るたびに、収穫物をいただいています。

1~2カ月に一度の割合で帰省しているのですが、ここ最近気づいたのは、徳島の家の屋根瓦に、飾り瓦が多い、ということです。

実家の家の周りを見回してもありました。

d0172672_01100390.jpg
お隣の屋根には、シャチホコがのっています。

d0172672_01044807.jpg
別のお隣の家にも飾りがあります。古そうな家の瓦屋根には、多くあります。

d0172672_01045484.jpg
実家の屋根にもありました。このような出っ張ったような飾りが多いように思います。

立派な構えの家には、豪華な飾りが多いです。

地域によって、違いがあるのですね。

天気もいいので、義母と夫と一緒に、藍住町にあるバラ園に行ってみました。

バラの最盛期には少し早かったようですが、咲いているバラをいくつか見ることができました。

d0172672_01050169.jpg
d0172672_01050592.jpg
d0172672_01051475.jpg
d0172672_01050945.jpg
d0172672_01051961.jpg
徳島県下一のバラ園、だということです。たくさんの種類があり、300種ほどあるそうです。同じ敷地に違う種類のバラが混在して植えてあるのは珍しいそうです。10月下旬くらいからが見ごろだそうです。

帰りに、干している稲わらを見かけました。知り合いのマスさんから、写してきてほしいと頼まれていました。干している稲わらは、めったに見ることがなくなりました。徳島の実家でも、昔は総出で干していたそうですが、今はコンバインで刈り取ってそのまま乾燥するので、干すことがなくなっています。貴重な風景かもしれませんね。

d0172672_01044286.jpg


[PR]

by mikaryo | 2015-09-24 01:25 |

うだつ・阿波おどり

お盆休みで徳島の夫の実家の帰省ついでに、脇町のうだつの町並み散策、阿波おどり見物をしました。

脇町は実家に近いので、何度も訪れています。実家は阿波市の下喜来にあるので、車で30分くらいです。

今回の帰省は約一カ月ぶり。実家に着くまえに、ちょっと立ち寄りました。

d0172672_23454581.jpg
 りっぱなうだつの家並みが並んでいます。

d0172672_23451359.jpg
オシャレなカフェもあります。ちょっとコーヒーを一服。店内もシックで素敵な空間です。

d0172672_23452176.jpg
新しいお店がオープンしていました。雑貨とカフェが一体となっています。国産小麦でつくった半田そうめんと、ソイキャンドルを購入しました。オシャレなお店です。

d0172672_23453787.jpg
うだつの町並みを散策。

d0172672_23453047.jpg
郵便ぽすとにもうだつがあります。

d0172672_23461492.jpg
街並み散策をパチリ。観光客も多く訪れていました。

次の日は、徳島市の阿波踊りを見学。数年前に鴨島の阿波踊りを見たことがありました。今回は本場、徳島市の阿波踊り見物です。

d0172672_23455329.jpg
阿波踊り本番は夜なのですが、昼間の時間も、商店街や特設ステージ、会場で踊りを披露してくれています。

ぞめきのお囃子とともに近づいてくる踊りに、見物客が集まってきます。

d0172672_23460079.jpg
踊り子たちの後ろにお囃子の一群です。

d0172672_23460774.jpg
カフェの2階から、すだちスムージーを飲みながら見物。

阿波踊りは、当日申し込みのにわか連もあるようです。見るのも十分楽しめますが、やはり、踊ってみるのもいいかもしれません。

[PR]

by mikaryo | 2014-08-16 00:08 |

直島

8月に、瀬戸内海のアートの島、直島にいってきました。

瀬戸内海にはいくつも島があって、高松や岡山から船がでています。

瀬戸内海の島では、瀬戸内国際芸術祭がおこなわれていて、アートな建物やオブジェがある、という話を聞いていて、いつか行きたいな~と思っていました。

ちょうど、芸術祭がおこなわれている期間に、行くチャンスがめぐってきて、1泊泊まりで行ってきました。

高知から直島にいく方法は、香川県の高松港から、船に乗っていきます。高松では、讃岐うどんを食しました。本場のうどんは美味しい!

d0172672_19424544.jpg


昼時は、並んで注文します。うどんは回転が速いせいか、並んで注文してうどんを手にしたときには、席があき、座って食べられます。次のお客さんのために、長居はできません。

高松港からのフェリーは、思ったより大きくて、車で乗船しました。

直島港に着くと、港に有名なかぼちゃのオブジェがありましたので、パチリ。

d0172672_19464335.jpg


アートを感じさせる椅子もあります。

d0172672_1948268.jpg


その後、街並みを散策。

家の壁にさりげなく、アート。

d0172672_1949173.jpg


のれんもアート。

d0172672_19494295.jpg


アートの合間に、かき氷を食べました。マンゴーかき氷。

d0172672_1950083.jpg


有名な「家プロジェクト」の家は、並んで整理券をもらわないと入れないので、断念・・・。

宿で、集結した仲間たちとバーベキューを楽しみました。炭焼きで食べる肉や野菜は美味しい!

民宿で泊まりましたが、夜から雨が降り出しました。久しぶりの恵みの雨ですが、観光客としては、残念。

次の日は、雨のため、アート散策は断念して、カフェで一服。

d0172672_19551628.jpg


神戸のパティシエが作ったスイーツ。民家風カフェでいただきました。丹波の黒豆が入っていて、とっても美味しかった。お店の方は、岡山から通ってきているそうです。

直島は、位置的には岡山県の方に近く、水道や電気も岡山からになっているそうです。来ている人も岡山県の方が多いそうです。

直島は、アートでにぎわっていて、若いアーティスティックな人がたくさん来ていました。魅力ある町づくりをすると、若い人も集まってくるのですね。

ほかの島にも行ってみたいと思った旅でした。
[PR]

by mikaryo | 2013-09-06 20:06 |